⇒お客様の声一覧へ戻る

OWNER's VOICE voice05

M様(堺市)

築46年の古い一戸建て住宅を3世代が心地よく暮らせるように大規模リフォームを実施されたA様。
長年、住まわれ、阪神大震災では被害を受け、部分的にリフォームをされていましたが、今回は間取りから一新し、
まるで新築のような雰囲気に。木をふんだんに使った大人の和モダンな住宅に生まれ変わりました。

  当初は、古家を建て替えて新築しようと考えていました。しかし、敷地が接している道路が狭いため、建て替える場合はセットバックしなくてはならないことが発覚。セットバックすると敷地が狭くなるので、建て替えではなくリフォームを検討することにしたんです。
 祖母や母の部屋は陽あたりのいい暖かい場所に設けてあげたい、デザイン面では私たち夫婦が好きな木質感のある和モダンな雰囲気にしたいと思い、3社に相談しました。
ハウスメーカーは大手さんということもあって、融通が利かず、制約が多くて自由度が低いと感じました。
 設計事務所は、設計と施工の窓口が異なる「分離発注」になり、同じように予算をかけても自分たちの
お金が生きないと思いました。
 そこでご近所で親の代から知り合いだったタカラ建設さんで話を聞いてみることにしました。社長の田中さんは若くて、きびきびと動いていただけそうでしたし、社内に職人さんを抱え、建てる技術をしっかりと持っている会社です。
 2~3年間、「ずっと建てよう」と思って、イメージを膨らませていたので、タカラ建設さんならうまく
カタチにしてくれはず!と施工力と対応力に期待して依頼を決めました 。

A様(大阪市平野区)宅イメージ
A様(大阪市平野区)宅イメージ

 築46年の家は、床がふにゃふにゃとたわみ、冬はすきま風を感じたり(笑)。廊下が無駄に広く長かったり、お風呂はタイル張りの在来工法で、冬は入りたくないくらい寒い。など住んでいてあちこち不便を感じていたので、今回のリフォームではすべてを解消する計画にしました。
田中社長や設計の大谷課長は、気さくで話しやすく、私たちの要望に「それ、いいですね!」「こんなやり方もありますよ!」と親身に提案してくれました。
解体の途中で屋根裏を開けたら、立派な梁が出てきた時は設計を変更し、洗いにかけて梁を見せるアイデアを出してくれました。
大工さんも素晴らしかったですね。建具の収まり方など、細かいところまでビシッと決めてくれました。
仕事がとても丁寧なので、安心してお任せできました。

A様(大阪市平野区)宅イメージ

 リフォーム前は庭を眺めることもなかったのですが、リフォームしてリビングと一体感のあるプランになり、日々の暮らしのなかで四季を感じる家に。
また、家のなかの段差も解消され、生活動線も抜群によくなりましたね。
 断熱性や気密性を高めたり、耐震性も高めました。外構工事で道路から緩やかなスロープを設けてくれたので車も敷地内に停められるようになりました。
 細かいところまでいろいろと要望を聞いてもらえ、タカラ建設さんでは初めてのことも「勉強になります!」と喜んで対応してもらったのが嬉しかったですね。

A様(大阪市平野区)宅イメージ